不動産を賢く購入|マンション投資ならセミナーで学ぼう

集合住宅

安定投資としての賃貸経営

女性

転貸制度を有効に活用

近年、賃貸経営の手法として注目を集めているのがサブリースです。サブリースとは直訳すれば「転貸」のことです。具体的には不動産管理会社がいったん住宅オーナーから物件を借り受け、それを実際の入居者に転貸するというスタイルを取ります。サブリースの注目が高まっているのは、この方式を採用すればオーナーの事務負担が減るばかりでなく、リスク回避にも役立てることができるからです。現在の賃貸経営は、それを生業とするよりもサラリーマン等が余裕資金の運用手段の1つとして始めるケースが目立っています。そうした非専業オーナーにとってサブリースは非常に便利なシステムであり、今後ますます需要が伸びていくものと考えられています。

空き室保証が大きな魅力

一般的なサブリースの場合、オーナーと管理会社の間に20〜30年程度の長期契約が取り交わされます。その間、日常的な管理業務はすべて管理会社が請け負います。家賃の滞納等のトラブルについても管理会社が対応することになります。また、通常のサブリース契約では空き室保証というシステムがあります。これはたとえ空き室が生じたとしても満室分の家賃から手数料(普通は1〜2割)を差し引いた額がオーナーに支払われるというものです。つまりオーナーは自ら入居者獲得の努力をしなくても常に一定の収入が得られることになります。もちろん家賃の額は定期的に改定されるため契約当初の金額がずっと保証されるわけではない点には注意が必要ですが、優良な管理会社に委託すればオーナーが自ら広告料や仲介手数料を支払って入居者確保に苦心するより高い収益を上げることも可能です。

Copyright© 2016 不動産を賢く購入|マンション投資ならセミナーで学ぼう All Rights Reserved.