不動産を賢く購入|マンション投資ならセミナーで学ぼう

集合住宅

土地を有効活用するなら

集合住宅

ノウハウがなくても大丈夫

遊休地や親から相続した土地などを活用する際に有効な手段となるのが、賃貸住宅の建設です。オフィスビルや貸店舗などに比べると立地条件によって収益性が左右されることが少ない賃貸経営は、不動産投資の方法として高い人気を誇っています。ただアパートやマンション等を建設するとなると、部屋数は何戸あればいいのか、間取りはどうすべきかなど、専門的な判断を求められることがたくさんあります。また、実際の経営に際しても管理業務などを日常的にこなしていかなければならなくなります。こうした賃貸経営に関するさまざまな課題を未経験者が独力でクリアしていくのは大変です。しかし、専門家の手を借りることができれば解決はずっと容易になります。それを実現するための手法が、一括借り上げというシステムです。

プロの手で賃貸経営

一括借り上げとは、賃貸住宅の管理運営に豊富なノウハウを持つ専門事業者に関連業務を一任することをいいます。事業者は住宅の設計段階から魅力の高い住宅づくりを実現するためのさまざまなアドバイスを行います。そして竣工後は入居者の募集・審査・入居後の家賃収納・清掃等の管理業務の一切を代行します。これだけなら通常の管理委託と変わりませんが、一括借り上げが異なるのは受託事業者が経営責任をも負うという点です。つまり事業者から家主に支払われる家賃の額は常に一定で、空き室が出たり家賃の滞納が発生したとしてもそれは事業者が自己責任で解決します。家主としてはすべてをプロに任せっきりにしておけるという、非常に安心な制度です。今後はこの一括借り上げ方式が賃貸経営の大きなトレンドになっていくものと考えられます。

Copyright© 2016 不動産を賢く購入|マンション投資ならセミナーで学ぼう All Rights Reserved.